TRANSCEIVER (無線機選び)

私の運用スタイルは「弱い信号の受信」と「DXラグチュー」です。

無線機を選ぶときには、この2点に加えて「軽快な操作性」と「聞きやすい音」も重視しています。

価格は安いに越したことはありませんし、新品・中古にも全くこだわりません。

やりたいことができればいいという考えです。

 

 

 これまでに使ったHF機たち

 アイコム:740, 756無印、760, 760pro x 2, 780 x 2, 7700

 ケンウッド:430, 440 x 3, 450 x2 , 520, 590, 690, 830 x 4, 850 x 5, 870 x3, 930 x 3, 940 x 3, 950SD x 2, 950SDX, 2000

 ヤエス:102 x 2, 107 x2 , 901, 757GXII, 1011(990) x 4, 1021(1000D) x 2, Mark V

 JRC:245

 ちょい聞き:IC-756proII, FTDX-5000, TS-990, K2、他

 

 

結局、どれを選ぶか

大ざっぱに言えば、Sメーターが振れるほど強い信号であればどんな無線機でも受信することはできるでしょう。

しかし、受信できる=内容を理解できる とは限らず、近接周波数からの混信やノイズ、ビートなどがある場合は

機種ごとの付加機能によって「了解度」に違いが生じるでしょう。信号が針が振らないほど弱い場合も同じです。

最近の無線機は、近接周波数の強力な信号による歪みを抑えられることをセールスポイントにしているものが多

く見られます。私の運用はほぼ14MHzのみですが、このバンドではコンテストとパイルアップ以外で近接周波数

からの混信というもの苦しことはまったくありません。代わりに、相手の信号が弱くて聞き取りにくいことは

くあります。

 

 

 

(編集中)

 

 

「当地で、14MHzのSSBで、非常に弱い信号を受信する」という作業に対して最も適した無線機は・・・上位から

 

了解度:FT-107、TS-990、TS-870、TS-830、TS-950SD/SDX、TS-850、TS-590S、FT-1011

操作性:TS-850、TS-870、TS-950SD/SDX、FT-1011、TS-590S、TS-990、FT-107、TS-830 

信頼性:TS-990、TS-590、TS-870、TS-950SDX

金 額:FT-107、TS-830、TS-850、FT-1011、TS-870、TS-950SD/SDX、TS-590S(G)、TS-990

総 合:TS-870、TS-950SD、TS-850、FT-1011・・・

 

 

 

 

歴代無線機REVIEW

今までに使ったことのある無線機の感想。一応、ココです。

(そのうち、気が向いたら書き足しておきます)